技術解説(フィリップスエレクトロニクスジャパン)

2016年8月号

Women's Imaging 2016 最新技術[Breast Imaging]

Breast imagingにおける最新テクニック

近年,乳房MRIでは,高磁場装置やデジタルコイルの登場により高いMR信号が得られ,それに伴い高分解能化が実現されてきました。さらなる画質向上に向けて,フィリップスが提供する3つのテクニックを紹介します。

●より安定した脂肪抑制効果を導く“SmartExam Breast”

SmartExam Breastは,プランニングから撮像,後処理までを自動的に行うことができるアシスト機能に加え,自動シミング機能が搭載されています。これは,被写体ごとに異なる乳房の形状に沿ったシミングを行うため,より安定性の高い脂肪抑制画像を得ることができます(図1)。

図1 SmartExam Breast

図1 SmartExam Breast
脂肪抑制パルスにおいて,左右の乳房の脂肪抑制不良のないように,静磁場不均一をB0 field mapから自動で最適化。より安定性の高い脂肪抑制画像を取得可能。

 

●より高いコントラストを得る“Breast VIEW”

turbo spin echo(以下,TSE)法の3D シーケンスである“VISTA(volumetric isotropic TSE acquisition)”の一種であるBreast VIEWは,乳房用として最適化されたシーケンスです。Breast VIEWでは,乳房組織のT1,T2値に応じて最適なリフォーカシングパルスが計算され,それにより短時間でより高い組織コントラストの画像を得ることが可能となります。

●より歪みの低減を実現したTSE DWI

拡散強調画像(以下,DWI)は,従来echo planar imaging(以下,EPI)が広く用いられますが,乳房MRIでは体表面の磁化率効果に起因した歪みが指摘されます。そこで,磁化率効果に強いTSE法を併用したTSE DWIが登場しました。TSE DWIでは,motion probing gradient(以下,MPG)印加後のデータ収集にTSEを用い,連続的にリフォーカシングパルスを印加することで磁場不均一の影響を抑えた,アーチファクトや歪みによる位置ズレの少ないDWI画像を得ることが可能となります(図2)。

図2 TSE DWI ボランティアデータ

図2 TSE DWI ボランティアデータ
MPG印加後のデータ収集にTSEを用い,歪みの少ないDWI画像を得ることが可能。
single shot TSE DWI,voxel size:3.04mm×3.78mm×4.0mm,b-factor:1500,scan time 4:55,「Ingenia 3.0T CX(R5.1.9)」,Breast 7ch coil
(画像ご提供:平成記念病院様)

 

【問い合わせ先】
お客様窓口
TEL 0120-556-494
URL http://www.philips.co.jp/healthcare

TOP