2007 国際医用画像総合展


ITEMのあゆみ
2015
2014
2013
2012
2010
2009
2008
2006
2005

 

展示会場マップ

展示会場マップ 冨士フイルムメディカル 島津製作所/島津メディカルシステムズ コニカミノルタエムジー AZE テラリコンインコーポレイテッド コダック 東陽テクニカ インフォコム ケイ・ジ・ティー 東京特殊電線 リアルビジョン クライムメディカルシステムズ 東芝メディカルシステムズ ザイオソフト/アミン 根本杏林堂 パナソニックAVCメディカル パナソニックAVCメディカル ナナオ シーメンス旭メディテック フィリップスエレクトロニクスジャパン GE横河メディカル 日立メディコ

↑カラー部分をクリックすると,各企業のブースリポートに移動します


JRC2007(第66回日本医学放射線学会[JRS]学術集会,第63回日本放射線技術学会[JSRT]学術集会,第92回日本医学物理学会学術大会,2007国際医用画像総合展[ITEM2007])が4月13日(金)〜15日(日)の3日間,横浜市みなとみらいのパシフィコ横浜で開催された。3日間の参加登録人数はそれぞれ,3932人,3459人,342人であった。今年は4年に1回の「第27回日本医学会総会」が4月6日〜8日まで大阪にて開催されたため,例年より1週間遅れての開催となった。
JRC2007のメインテーマは「放射線医学の光と影」,およびJSRT独自のテーマは「原点から最先端技術まで」。放射線医学の進歩において,注目を集める華やかな光の面と,それに伴うリスクやデメリットなどの影の面の両面をメインテーマとして取り上げている。このテーマに添った合同シンポジウム「放射線医学の光と影」でモダリティ別の光と影が報告されたほか,中村仁信JRS会長の会長講演も同じテーマで行われた。そのほか,それぞれの学会でも多彩なテーマのシンポジウムや特別講演などが行われた。研究発表に限らず,教育講演,研修医セミナーなどの教育プログラムも年々充実している。
CyberRad 2007のテーマは,「医療ITをリードするe-Radiology─標準化の光と影─」。今回は,Cyposと同じパシフィコ横浜展示ホールA会場に換わり,IHEの相互接続生デモおよび一般演題のビューワ発表が行われた。
2005年に始まったPCを使った電子ポスター展示(Cypos)は,2006年からすべてが電子ポスターでの発表となり,パシフィコ横浜展示ホールA 会場に設置された200台のPCのほか,会場内数か所のWiFi(LANエリア)で閲覧する。今回は電子ポスターの一般演題すべてを口演と討論に分け,討論については2週間前から事前に閲覧できるようにした。

 併催の「2007国際医用画像総合展(ITEM2007 in JRC )」は,パシフィコ横浜展示ホールB,C,D(8287平方メートル)にて過去最多の144社が出展。好天に恵まれた会期中の入場者実数は22,150人と,昨年より2000人ほど上回り,連日大盛況だった。



photo gallery
パシフィコ横浜展示ホール   今回から導入された自動登録機。初日の朝は大混雑
パシフィコ横浜展示ホール   今回から導入された自動登録機。初日の朝は大混雑
アネックスホール。展示ホール2階の長い通路はカートに乗って。   ITEM開会式
アネックスホール。展示ホール2階の長い通路はカートに乗って。   ITEM開会式
ITEM2007会場全景   会場内に出現した"武家屋敷?"   電子ポスター(Cypos)会場

ITEM2007会場全景

  会場内に出現した"武家屋敷?"   電子ポスター(Cypos)会場
CyberRad2007。IHEガイド付きツアー   最終日に行われた「CTコロノグラフィートレーニング・コース」

CyberRad2007。IHEガイド付きツアー

  最終日に行われた
「CTコロノグラフィートレーニング・コース」
関連サイトLINK
  日本ラジオロジー協会(JRC)   http://www.j-rc.org/ 別ウィンドウで開く
  日本医学放射線学会(JRS)   http://www.radiology.jp/ 別ウィンドウで開く
  日本放射線技術学会(JSRT)   http://www.jsrt.or.jp/ 別ウィンドウで開く
  日本画像医療システム工業会(JIRA)   http://www.jira-net.or.jp/ 別ウィンドウで開く
  日本医学物理学会   http://www.jsmp.org/ 別ウィンドウで開く
  日本放射線科専門医会   http://www.jcr.or.jp/ 別ウィンドウで開く

▲ページトップへ